管理医師のブログ

2014年3月30日 日曜日

高血圧の原因は動脈硬化?(尼崎循環器内科医が答えます)

ん~、違います。動脈硬化で血圧は上昇しません。
下図を見て頂ければ理解しやすいと思いますが、ヒトの体循環は電気回路に例えられます。

電池→心臓;これは詳細な説明は不要ですよね。心臓は血液を送り出す源です。電池だって電気を送り出す源って意味で、電源って呼び方もありますからね。電池にかかるのが電圧で、心臓にかかるのは血圧です。どうです?名称もぴったり重なるでしょう。
導線→血管;導線を流れるのは電流で、血管を流れるのは血流です。ここからがちょっとむつかしい。皆さんが考える血管というのは眼に見える大きさのものです。細血管~毛細血管はまず眼に見えません。毛細血管の直径...10μm程度というと、1mmの百分の1...まず肉眼では見えません。この肉眼で見えないような血管が電気回路で言う抵抗として働きます。抵抗として働く細血管~毛細血管のことを抵抗血管と呼びます。

ですから、抵抗→抵抗血管に相当するわけです。
さて、ここで中学校の理科で学習したことを思い出しましょう。
Ω(オーム)の法則...すぐに公式が出てきますか?電圧=電流×抵抗(E=IR)ですね。電流が一定ならば抵抗の値が大きければ電圧が大きくなるという公式ですね。血圧の世界にも、ほぼこの公式が当てはまって、血圧=血流×抵抗血管と考えていいわけです。ですから血圧上昇は抵抗血管の抵抗が大きくなった時に起こるのです。
何度も強調しますが、導線は電流を通すだけの通り道であるのと同じく、血管は血液が流れるだけの管に過ぎません。肉眼で見えるくらいの血管は先ほど述べたように、電気回路では導線ですから、血圧上昇には関わりません。
動脈硬化は肉眼で見えるくらいの動脈という血管に起こるものです。しかも高血圧が長時間続くことで、高血圧の結果として起こるものです。決して動脈硬化が高血圧を引き起こすものではありません。
(記載、管理医師;佐々木)

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒660-0827
兵庫県尼崎市西大物町12-41
アマゴッタ4階医療センター

お問い合わせ 詳しくはこちら