管理医師のブログ

2014年4月24日 木曜日

測定2回目の血圧なぜ下がる?(尼崎循環器内科医が答えます)

「1回目測定の血圧値と2回目測定の血圧値って、少し違うんだけど、どう評価したら良いのでしょうか?それにだいたい2回目測定の血圧値のほうが低いことが多いんだけど、これって、なぜ?」こんな質問です。
血圧の変動には3種類有りあります。下の図に示すように、"短期変動""昼間変動""日内変動"と時間軸で分類されています。(Conway, Journal of Hypertension, 1986) 佐々木はこれにもう一階層上の時間軸である"季節変動"を追加したいと考えます。


"短期変動" 主に自律神経活動によって規定されます。
"昼間変動" ヒトの精神的/身体的な活動の影響が出る部分ですね。職場で血圧が高いとか、ですね。
"日内変動" 2014/4/18と2014/4/19のブログで説明しましたね。主に睡眠/覚醒のリズムで規定されます。
"季節変動" 主に気温という環境要因ですね。


血圧の上がり下がりに関係する因子がどの変動に分類されるか?を下の表にまとめてみます。
  血圧上昇 血圧下降
短期変動 短い安静後の測定
喫煙後
尿意の我慢
(交感神経優位)
長い安静後の測定
食後
排尿後
(迷走神経優位)
昼間変動 業務中の測定
測定の習慣なし
麻痺側の測定
休憩中の測定
測定の習慣あり
健側の測定
日内変動 覚醒
(交感神経優位)
睡眠
(迷走神経優位)
季節変動 冬季
(寒冷)
夏期
(暑熱)

どうでしょうか?血圧の上がり下がりはどのような因子によって規定されるか、徐々に整理できてきましたね。ここで説明がまだ済んでいない語句が入ってきています。交感神経と迷走神経です。交感神経と迷走神経、2つの神経あわせて自律神経と呼びます。逆に自律神経は交感神経と迷走神経の2つで構成されているという言い方もできます。今回の話題提供にこの自律神経の話をぶっ込むのはチトしんどいです。自律神経だけで一冊成書が書けるほどですからね。ここは疼痛(痛み)に対する自律神経の反応だけご案内するにとどめたいと考えます。
   まさしく疼痛を自覚している最中 交感神経優位
   疼痛から解放されていく過程 迷走神経優位

佐々木がお話したいことが察しの良い方ならわかってきましたね。血圧測定の際にカフを上腕に巻きつけてギュウッと締め付けますよね。当然、痛みを感じるわけですが、このときの痛みの状態(最中なのか?解放の過程なのか?)が自律神経の状態(交感神経優位になっているのか?迷走神経優位になっているのか?)に影響を与えることで、血圧の上がり下がりが規定されると考えれば、もう解答のすぐ傍まできています。
『一回目の血圧測定の際の締めつけによる痛みからの回復の程度によっては、血圧は上がることもあり、下がることもある。すべての場合で下がるとは言い切れない。』というのが正解のようです。ただ佐々木の印象としては『疼痛から解放されていく過程という状態で、二回目の血圧測定となる方のほうが多いようで、血圧下がり気味となることが比較的頻繁に見られる。』と結論したいと思います。
ここでひとつ注意すべきは、只今ご案内しましたように、計測回数を重ねるたびに血圧は落ち着いてきますから、良い数値が出るまで計測を重ねるという測り方を続けていると、現実よりも血圧は低く評価されしまうこともありますから、計測する回数は程々にしてください。一生懸命計測することで、逆に高血圧が見逃されてしまっては、モトもコもないですからね。
(記載、管理医師;佐々木)

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒660-0827
兵庫県尼崎市西大物町12-41
アマゴッタ4階医療センター

お問い合わせ 詳しくはこちら