治験スタッフのブログ

2014年5月 4日 日曜日

食後の内服(尼崎循環器内科治験スタッフ発信)

前回は食前と食間にお薬を飲む場合の話をしました!
今回は食後にお薬を飲む場合のお話をします(*^_^*)

食後とは食べ物を食べてから20~30分後のことをさしますflair
食後に薬を飲むことって多いですよね。食べ物と一緒のほうがお薬の吸収がよくなったり、お腹が空っぽの時に飲むと胃に負担がかかるお薬の場合には食後に飲むのです(^-^)
なので、食後にお薬を飲んでください!と指定された時には食欲がない時でも、ちょっとでも食べたあとにお薬を飲むほうが効果が得られますし、胃の保護のためにもオススメしますriceball

そのほかにも、お薬を飲む時に時間を気にしなければいけない薬があります!
抗ヒスタミン薬を例に上げて詳しく説明すると、、、
抗ヒスタミン薬というのは炎症を抑える働きはなく、かゆみを止めるという目的の薬です。
ヒスタミンは肥満細胞という細胞から出され、くしゃみや鼻水、かゆみの原因になるものです。
ヒスタミンがH1受容体という受容体に結合するとこれらの症状が出てしまいますsweat01
抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンがその受容体と結合しないように直接ブロックする働きをします。
ですが、脳内に移行して中枢神経における神経伝達を遮断する薬ですので、鎮静作用からでる眠気を誘いますsleepyなので、夜に飲んだほうがいいのですよconfident

薬によっては日常生活に支障をきたす場合もあるので気をつけなければなりませんねimpact
食前、食間、食後、夜寝る前、朝おきてすぐ!などなど、飲むタイミングがとても大事な薬がありますsign03
用法用量を守ってお薬を飲むようにしましょう(´∀`*)

(記載、クリニック;治験スタッフ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 ささきクリニック | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒660-0827
兵庫県尼崎市西大物町12-41
アマゴッタ4階医療センター

お問い合わせ 詳しくはこちら