管理医師のブログ

2014年2月28日 金曜日

関西は薄味?(尼崎循環器内科医が答えます)

ナトリウム制限(減塩)についてもう少し情報提供します。「関西は薄味」と言われていますが、これがけっこう減塩指導に支障ありなんです。患者さんからの反応で多いのが「うちの味付けは薄味でっさかいに...catface 」と、すでに減塩については達成済みという感覚の様子です。
実は「関西の薄味」は曲者(クセもの)でして...。関西人である佐々木も東京でうどんを食べた時はツユの色は濃くて、塩っ辛くて、とても口に合いませんでしたcoldsweats02 (東京の皆さん!申し訳ない!)が、なんと本当は「関西のツユ」より、塩分としては少ないようなんです。関西はダシを多く使用するのですが、味が複雑になるとヒトの舌は塩味を感じにくくなる性質を持っているらしいのです。逆に言うと、ダシで塩味を誤魔化しているのが「関西のツユ」なんです。「東京のツユ」でストレートに塩味が出てしまうのはダシを使わないからです。江戸時代、昆布の集積地が大阪にあったことなどが東西のダシ文化の違いに、さらには味付けに、影響しているのではないでしょうか?(ダシとツユがゴッチャになっている方がいるので、いちどきちんと整理してくださいね。)
まずこれを外来で話してもまずは信用してもらえないですねぇ。crying 
でも良いテレビ番組を見つけました。皆さんよくご存知のマツコデラックスが上記の内容について紹介しているんです!happy01  「月曜から夜ふかし」平成25年11月4日放送分で、上記とほぼほぼ同じ内容で「関西の薄味」について、関ジャニの村上信五とディスカッションしていました。興味を持たれた方はいちど検索して確認してみてください。「月曜から夜ふかし」は減塩に取り組む長野県の取り組みも紹介しています。くだらない番組が多い昨今では良い番組と思います。おすすめです。tv (敬称略)
今回の話題提供をまとめると『「関西の薄味」は塩分が少ないわけじゃない』ということです。
(記載、管理医師;佐々木)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック | 記事URL

2014年2月25日 火曜日

薬剤に関するブログを開設します。

トップページにある「その他の治験」をクリックして閲覧してください。
薬に詳しい治験スタッフが薬剤に関してさまざまな視点から情報発信および解説してまいりますので、こちらも御贔屓(ごひいき)によろしくお願いします。
(記載、管理医師;佐々木)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック | 記事URL

2014年2月25日 火曜日

高血圧食?(1/2)

外来で患者さんにこんなことを尋ねられることがあるのですが、「何を食べとったら、良ろしですやろか?confident」...患者さんの皆さんはいちどは訪ねたことがあると思いますし、同業の先生方は幾度も尋ねられたことがあると思います。同業の先生方は何とお答えされてますか?患者さんは循環器系疾患ハイリスクという設定です。
ナトリウム制限は必須ですから、減塩食は指導としてはずせませんね。低カロリー高タンパク、でも高度の腎臓の障害があれば、高カロリー低タンパクの方が良いのかな。それに高度の腎臓の障害があるのなら、カリウム制限も指導しなくてはいけません。ワーファリンという薬で抗凝固療法がされている患者さんでは、納豆やクロレラなどがダメ。それからカルシウム拮抗剤を内服されている患者さんにはグレープフルーツのことも案内し忘れてはいけません。
まぁこんな内容を指導もしくは案内させていただくのですが、おそらく患者さんも途中から話を聞くのが面倒くさくなってきて、「それで結局、何を食べとったら、良ろしですやろか?confident」という最初の質問に戻ってしまうという堂々巡り。言うならば、これは循環器の医者泣かせの究極の質問です。crying
こういう場合、ナトリウム制限をまずは強調していけば良いのはないか、と最近は思っています。患者さんもあれやこれや言われるより、ストンと腑に落ちるのではないでしょうか?ナトリウム制限が実現できてからの話ですもんね。クロレラやグレープフルーツについてご指導するのは。
次回のブログに続く。
(記載、管理医師;佐々木)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック | 記事URL

2014年2月22日 土曜日

家庭血圧は いつ計測する?

『家庭血圧を測定しましょう。』と外来で患者さんによくご指導していますが、その際に「何時ころに測定するのがよろしいですか?」とご質問をいただきます。確かに日に何度も測定するわけにはいきませんから、無理からぬご質問です。○○時という答えではありませんが、究極的に一回計測するなら、血圧の(24時間の上がったり、下がったり、をあらわす)日内変動を考慮して、『起床直後、朝食を食べる前に計測してください。』とご指導してます。『朝8時に計測してください。』と指導しても、「休日は9時まで寝てますねん。」っていう患者さんもいらっしゃいますからね。
血圧の日内変動に簡単に触れてみます。血圧は降圧剤の内服の有無を問わず、24時間のあいだに、30から40mmHgも変動しています。収縮期血圧と拡張器血圧の(上の血圧と下の血圧)の差じゃないんですよ。収縮期血圧だけで24時間のあいだに30から40mmHgもの変動があるということです。拡張器血圧は収縮期血圧ほどではありませんが、同じくらいの変動はあります。変動のパタンを分類すると、通常は夜間(睡眠時)に下降するのですが、夜間の血圧の下がり方が日中の血圧に比較してあまり下がらないものをnon-dipper型高血圧と表現します。通常の夜間に血圧が下がる変動が認められるものはdipper型高血圧と表現します。
早朝に高い血圧値が計測されてしまう患者さんの多くは、睡眠中に血圧が下がりきらないnon-dipper型高血圧の可能性が大きいと推測しています。糖尿病、心不全、睡眠時無呼吸症候群など基礎疾患をお持ちの患者さんでnon-dipper型高血圧を示すことが多いと報告されていますし、non-dipper型高血圧の患者さんは将来的に脳血管/心血管の事故を引き起こすことが多いと報告されています。
当診療所で血圧管理中の患者さんなら佐々木が『起床直後の家庭血圧を計測しましょう。』と繰り返し案内しているのをよくご存知でしょう。こういう背景があって繰り返し案内しているのです。今回の話を思いっきりハショると『早朝の高血圧には注意してください。』ということです。
(記載、管理医師;佐々木)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック | 記事URL

2014年2月18日 火曜日

佐々木、内視鏡ヲ飲ム。

本日は診療所が入っている商業施設(阪神尼崎駅前のアマゴッタ)が消防設備点検のため、全館休みで、診療所も午前午後ともに休診でした。そこで普段、健康診断や人間ドックなどしていませんので、自宅近隣で、現診療所開設以前からいろいろとお世話になっている「はら外科胃腸科クリニック(http://www.hara-clinic.jp)」さんで、消化器系を中心に画像診断していただきました。検査した項目は上部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査、ヘリカルCT(胸部、腹部)です。もともと嘔吐反射が出やすい方なんですが、shock ほぼ苦痛も感じることもなく、内視鏡検査もできました。原先生に感謝。happy01 結果も大きな問題は今日現在では見つかっていません。一安心です。平素と違って、被検者となったわけですが、患者さんの気持ちが少しでもわかったような気がします。
皆さんも自発的にガン検診は受けるようにしてくださいね。
(記載、管理医師;佐々木)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒660-0827
兵庫県尼崎市西大物町12-41
アマゴッタ4階医療センター

お問い合わせ 詳しくはこちら