管理医師のブログ

2014年10月31日 金曜日

医療否定本考〈3〉

【書を捨てろ!】とか【燃やすな!】とか、どっちやねん!というツッコミが聴こえてきそうです。おっしゃるとおりです。整理しておきますね。
● 医療否定本を信じていいのだろうか?現状の標準的な医療を受けるほうがいいのだろうか?と悩んでいらっしゃる患者さん向けの主張が【書を捨てて街へ出よう!】です。
● 医療否定本を駆逐しようとするドクター向けの主張が【焚書坑儒は反対!】です。

申し訳ありませんが、医療否定本を信じている患者さんに向けてはとくにメッセージはありません。おそらくいろいろ他人に語れないような経験があって、医療不信→医療否定に至ったことでしょう。ケースケースごとにひとくくりにできない特殊な事情があったことでしょう。このように複雑な状況を背景としてお持ちであることが予測される中で、医療否定本を信じている患者さんに向けては、単純なメッセージは余計に気分を害されると思いますので、差し控えることが望ましいでしょう。

今回のブログ記事は医療否定本を上梓してる著者先生向けとその眷族(けんぞく、取り巻き連中)に向け、の二者に向けての主張です。



■ 著者先生(ら)に向けて
【グロテスクな表現はやめましょう】
気色の悪いグロテスクな表現にはもうウンザリです。患者さんを惑わせるだけじゃないでしょうか。「病死と思われていた大部分が、実は医者が医療を施すことで、その医療の副作用で死に至らしめている。」とか「本当の意味での根治的治療は行われておらず、ほとんどは延命治療である。」とか、普通の言い方のほうが、よっぽど品格や知性が感じられます。それに最初っからケンカゴシだと建設的な議論にもなりません。逆読みされて「議論を回避するために、ワザとケンカゴシにしてるんじゃないの。」と思われてしまいます。少なくとも佐々木は治療を受けたくない患者さんの唯一の憑代(よりしろ)として大事だと評価しているのに。

■ 眷族に向けて
【乗っかり過ぎやぞ!】
極論すれば、医療は説明と納得のインフォームドコンセントの世界。荒唐無稽(こうとうむけい)な説明でも患者さんが納得すれば医療。ということで、上梓すれば売れる医療否定本に乗っかって、有象無象がうごめいているように見えてしまいます。もう、そこには金の臭いしかしません。健康食品、健康法、健康器具、わけのわからない薬...困っている方から、その上に金まで、そして何より大事な残された貴重な時間まで、むしり取るのか。くれぐれも悪徳業者にはご注意を!
それからアフィリエイトについても一言。アフィリエイトとはブログなどによく商品が画像で貼り付いているでしょ。そしてブログ著者が「この本は読んでみて感動した。」とか、記載しているのですが、この商品画像をクリックすると、通販業者のサイトに変わって、購入申し込み、というのがあるでしょ。あれです。自分のブログから購入の実績があると、ブログ著者にいくらかの金銭的見返りがあるのです。だからブログ著者は【読んでもいない書物にも高評価である内容の書評をつけて、購入へ誘導させようとする】んです。このようにして、大した内容でもない書物が【ネットで話題になって火が付いた】とかなって、薄っぺらなベストセラーが量産されます。アフィリエイトブログで稼いでいるブログ著者(アフィリエイターと呼ばれています。)は月に数百万円ということも聴いたことがあります。こんな仕組みもご承知おきください。



■ 主 張 
現在の標準的な常識や権威に対して、それと違う意見があり、それを発信したいと考えているのなら、品格や知性を感じさせる手法を選ぶべき。また、少しでも金の臭いを漂わせたら、その意見がいくら立派なものでも、人心は離れてしまう。
ちょっと長いな。
 
最後に、「延命治療」が「無駄な治療」「無意味な治療」と読み替えられているような気がしてならないので、次回ブログ記事に「延命治療」について記載してみたいと思います。
 
(記載、管理医師;佐々木)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック | 記事URL

2014年10月27日 月曜日

医療否定本考〈2〉

前回ブログ記事では佐々木が「がん」診療にまるで係わっていないか、のような誤解をされかねない表現になっていましたので、少々、修正を。当診療所は在宅支援診療所の基準を満たしていまして、「がん」患者さんの在宅診療も実施しています。また在宅看取りもおこなっています。看取り件数の約半数は「がん」患者さんという実情です。麻薬を用いた緩和医療も積極的に実施しています。当方のブログ記事カテゴリーでは【在宅医雑感】【情報開示】などもあわせて閲覧していただければ、さいわいです。


「医者に殺される。」はあまりにもグロテスクな表現なので、佐々木なりに解釈すると「病死と思われていた大部分が、実は医者が医療を施すことで、その医療の副作用で死に至らしめている。」ということを著書で述べていると思われます。こういうふうにもっと万人受けするように表現すればいいのに。なんであんな言い方になっちゃうんですかねぇ。
でも、ここで忘れてはいけないこと。「医者に殺される。」をグロテスクな表現と評した佐々木も実は著者先生と同じようなことを言っているんです。

■ むかしむかし
立場が変わると、著者先生に反論している先生方も同じようなことを言っているはずです。医療を生業(なりわい)とする者の出現は正確にはいつ頃だったのか、は残念ながら佐々木の知識の中にはありません。でもね、祈祷師と医者の見分けがつかないような時代もあったじゃないですか。
医者の【医】という文字はという文字の簡略体ですが、酉の部分は酒、まぁ酒と薬の見分けがつかない時代もあったということでしょう。この酒(薬)を口に含んで、梨汁ブッシューみたいに患者さんに噴きかけます。医と殳の部分が「えいっ」という音を表します。「えいっ」という気合を入れて、酒(薬)を噴きかける様子を漢字にしたものがであり、この文字が医という簡略体になったということです。漢字が成立した時代の医療および医者のイメージって、こんなものだったようですが、このイメージに対してはさすがにどのドクターも「【医者に殺される】から、そんな治療は受けへんほうがえぇで。」って言うでしょ。

■ 常識を疑え
病気になったら治療を受けることこそが常識?本当でしょうか?
ひょっとすると、病気になったら医療機関で治療を受けるという考え方が広くいきわたっているは日本だけかもしれません。日本人が風邪をひいたときに医療機関を受診することを驚きをもって伝えるメディアもありました。つまり風邪を病気の中に入れていない国々すらあるということです。
「風邪をひいたので1週間ほど休みます。」→上司「何を言うてるんや?医者にかかって薬飲んで出てこんかい!」みたいな窮屈な常識に束縛されていないでしょうか?
ことが、たかが風邪ということであれば、渋々上司の言う通り、薬を飲んで無理して出勤するのでしょうが、「がん」みたいな致命傷になりかねない疾病の場合には、患者さん自身が納得した治療を受けたいと考えることに理解を示さないヒトはまずいないでしょう。また、もし、どの治療法も納得できない場合には、治療を受けないという選択肢もありじゃないでしょうか?
いくら周囲が病気になったら治療を受けるべき!と常識を振りかざしても、当の患者さんも命を賭けた選択です。そうやすやすと、翻意するはずもありません。常識を振りかざして責める周囲に対して肩身の狭い思いをしている治療を受けたくない患者さんにとって、医療否定本の一群こそが、唯一の憑代(よりしろ)かもしれません。

■ 主 張 2
医療否定本を駆逐して、医療否定本の著者の口に猿轡(さるぐつわ)をかませようなんてのは、まるで焚書坑儒(中国の皇帝がむかしむかし儒教を弾圧すために、書物を燃やして、儒者を土中に坑めたことを表現する故事成語)。もってのほかです。否定本をこの世からすべて掻き集めてきて燃やしてしまえば、この世は健康で満ち満ちて、病魔は退散するというものではないのです。
そこで一言。

焚書坑儒はもってのほか!


治療を受けたくない患者さんの憑代(よりしろ)を取り上げるようなことは絶対にしてはいけません。


なぜか、今回のブログ記事は中華系知識に助けてもらう形になりました。

(記載、管理医師;佐々木)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック | 記事URL

2014年10月24日 金曜日

医療否定本考〈1〉

■ 序
医療否定本についてはいちどブログ記事(2014-5-12)にしましたが、あれからしばらく時間が経って、考え方に変化が生じてきたので、自身の記録ということも含めて、一回、書面に起こしておこうと思いました。
考え方にどんな変化が現れたのか?というのは、追って記載していきますが、変化のきっかけはこれらの医療否定本をめぐる論争の主役が患者さんではないということに気付いたことです。おそらく一番の当事者である患者さんは、「医者どうしがわけのわからん専門用語やデータを駆使して、内輪モメ、、縄張り争いしてるわ。」くらいの意識しかないんじゃないでしょうか?
また、医療否定本をめぐる論争の主戦場は「がん」についての記載です。現在、循環器内科医の守備範囲についてのブログ記事を連続で記載していますが、心臓や血管って「がん」がほとんどみつからない器官なんですよ。ですからこの論争には割り込むのは気が引けるところなんですが、逆に、ニュートラルな立場で発言できると思います。したがって発言内容はマインド(?)の部分であり、「がん」診療メインの先生方からは「ペラッペラやな。」と言われそうですが、医療関係者以外の方には少しでもマインドに響いていただければ、さいわいです。

それにしても、いかがなものでしょう?このおどろおどろしい、グロテスクな表題「医者に殺される・・・」は。



■ 主 張
【医者に殺されるってそんなにいけないことですか?】
もちろんこれは皆さんがご存知の「医者に殺されない47の心得」(近藤誠著)からパクったコピーです。著者先生より若輩の佐々木がこんな昔話をするのもナンですが、医者に【殺して=看取って】もらえるっていうのは、その昔、ほんの一握りの富裕層にしかできなかったことですよね。現在は保険制度・福祉医療制度が整備されているので、誰だって医者に【殺して=看取って】もらえる貧富の差が縮まったい~い世の中。医療の恩恵にあずかるのはほんの一握りの富裕層だけだった昔と比較して、い~い世の中になったなぁ、と感謝するほうが健全ですよ。
感謝しろ、感謝しろ、と、医師である立場の佐々木があんまり言うと、変な意味になってしまうので、強調できないのですが、今の世の中は権利意識ばかりが大手を振っていて、感謝するという謙虚な気持ちが足りなくなってきていると思います。
しかしながら、医療側に怠慢や傲慢があってはいけないと思います。「昔やったら診てもらえんかったんやぞ!」とふんぞり返るのも、これはまたこれで時代錯誤の生きた化石・平成の妖怪先生。医師法と療養担当規則に規定されているように、我々医師は【診察治療の求】(医師法19条)があった場合には、【懇切丁寧に】(療養担当規則13条)しかも【心理的効果も挙げられる】(療養担当規則14条)ように診療や指導にあたらなければいけないのです。
「そんなホトケ様みたいなドクター、どこにおんねん。」...なるほど、そうですか、妖怪はおっても、ホトケはおらんと、半分あきらめてはるんですね。でもね、皆さん、さいわいなことに辻辻にあるコンビニと同じくらいクリニックは乱立しているのです。(当地、尼崎市では400を超える医療機関があるとのこと)
たくさんの乱立するクリニックのなかから、【殺して=看取って】もらえる、つまり【最期までまかせる】ことができる、信頼できるお医者さんを皆さんが選ぶことができる環境になってきているんです。医療否定本を読んで悶々としていても何も始まりません。

さぁ、皆さん、書(医療否定本)を捨て、街へ出ましょう!そして、信頼できるドクターを探してみませんか?
さらに近年はネットという環境も提供されていますので、街に出なくてもドクターを探すことが可能です。



そして、当診療所に【最期までまかせ】てみようかな、と皆さんに選んでいただけるのであれば、評価していただけるのであれば、これ以上、光栄なことはありません。

(記載、管理医師;佐々木)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック | 記事URL

2014年10月21日 火曜日

血管の病気〈7〉...PAD

2014-10-4ブログ記事では、3つの動脈閉塞の好発部位は【脳】【心臓】【足】とご案内しましたね。このうちの【足】について、今回は記事にしてみたいと考えています。



動脈の閉塞・狭窄 ; 足の病変

PADは【Peripheral Arterial Disease】の略です。和訳では【末梢動脈疾患】。以前は閉塞性動脈硬化症と呼称されていましたが、いまはひとまとめにして、四肢の末梢動脈が閉塞したり、狭窄したり、の総称として使用されている言葉です。四肢といっても、足の動脈に多く認められる病気なので、ブログ記事では足にしぼって解説したいと思います。



この疾病を循環器内科が見逃さないために、一番大事なことは【PADを疑う】ことだと思います。しかしながら、循環器内科がそのように心掛けていても、患者さんは足の痛みで症状が現れるものですから、整形外科の先生に相談されることも多いようです。したがって、整形外科の先生によって、診断されることも必然的に多くなるわけで、当方の外来で血圧管理中の患者さんですら、【PADを疑う】ことが大事だと知っていながら、整形外科で診断されて、逆紹介なんてこともあります。ことほどさように、筋肉・骨格・関節の病気との見分け(我々の世界では鑑別診断と呼びます)は難しいですね。

図にPADの重症度分類を示します。間欠性跛行という言葉が難しいですね。【かんけつせいはこう】と読みます。歩くと痛みがでますが、しばらく休むと痛みがなくなる、という症状を間欠性跛行と呼称します。どうでしょうか、皆さん、図のⅠ度~Ⅲ度くらいまでなら、整形外科を受診しませんか?「足が痛いから、整形外科に行ってみようかな。」と受診してみたら、足だけじゃなくて、心臓までたいへんなことになっていた、ということもあるんですよ。
PADはアテローム動脈硬化が原因なのですが、動脈硬化は全身疾患。足だけに限らず、冠動脈という心臓に血液を供給するためだけの動脈や腎臓に血液を供給する動脈にも、閉塞一歩手前の狭窄が発見されることも稀ではありません。先述の通り、足が痛いだけやったのに、心臓の手術まで必要でした、という患者さんも経験したことがあります。



PADの検査法

そこで頼れるのが、【四肢血圧検査】です。「手足の血圧をいっきに計測してみましょう。」という検査ですね。当診療所でも既に導入済みで、診療所facebookページ2014-05-02にも記事にしていますので、閲覧してみてください。【四肢血圧検査】は数分で終了する検査ですから、近隣の方はご遠慮なく、当診療所までお問い合わせください。




PADの治療法

治療法は先述のPAD重症度分類に従って選択されます。


血管形成術はバルーンという水風船で血管を押し広げる治療法です。ステント留置術はステントという筒状の金属製の輪っかを狭窄部位にカマせる治療法です。2014-10-04ブログ記事(虚血性心疾患)でもこれらに触れてますね。冠動脈であれ、足の血管であれ、同様の処置がおこなわれます。
  


バイパス術は外科でしかおこなっていませんが、血管と血管を人工血管で繋いでしまおうという荒技です。



動脈の閉塞・狭窄については、よくある病気【common disease】はだいたいご紹介できたかな、と思っています。次回からは動脈の拡張・破綻。

(記載、管理医師;佐々木)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック | 記事URL

2014年10月17日 金曜日

血管の病気〈6〉...ラクナ梗塞

症状がでない脳梗塞(脳血栓)があります。「無症候性脳梗塞」とも呼ばれているラクナ梗塞です。「ためして〇ッテン」では「隠れ脳梗塞」とか呼んでましたね。



動脈の閉塞・狭窄;ラクナ梗塞

典型的にラクナ梗塞をおこしやすい場所というのがあります。それは、中大脳動脈の穿通枝と呼ばれている枝別れした血管です。道路に例えてみると、幹線道路に繋がっている道がいきなり一車線、車がすれ違う際に注意が必要というくらいに細くなってるようなイメージですかね。阪神電車で例えたら、武庫川線。阪急電車で例えたら、伊丹線、もしくは今津~西宮北口間の今津線。もう、ええか。もちろん幹線道路は中大脳動脈で、細い道が穿通枝。急に車線が減少すると渋滞しますよね。こういう場所は道路事情でも急所ですが、人体でも同じこと。2014-10-7ブログ記事に記載したプラーク(粥腫)が少し育っただけで、血管が細いので、すぐに閉塞に至ってしまうわけです。

図を解説します。穿通枝( #1 )は先述しました通り、かなり細い動脈です。細い血管であるがゆえに、閉塞したとしても、さいわいなことにダメージを被る領域も少なくて済むんです。ダメージの範囲は5mmφ程度といわれています。(ラクナ梗塞の定義は15mmφ未満)ダメージの領域が小さいので無症状で済む、というわけです。それで、別名;無症候性脳梗塞または隠れ脳梗塞。
2014-10-10ブログ記事の中大脳動脈の血栓( #2 )で発症する脳血栓の場合のダメージの範囲と比較してみると、脳血栓の場合の場合は堰止められた下流域全部がダメージの範囲となるわけですから、重症となることは、推して知るべし、ですね。



塵も積もれば山となる。一個一個のラクナ梗塞は小さくとも、数が増えてくると、やはり症状があらわれてきます。外来でMRI画像を説明するときなどは「ラクナ梗塞点在という状態なら、大きな問題は無いかも知れませんが、増えてきて、一定の面を構成するようになると、症状がでてくることもあるので注意が必要です。」などと説明させていただいてます。
症状がでてくる際にはどのような症状がでやすいか?というと、認知症とパーキンソン症状がでやすいとされています。認知症の場合は、脳血管性認知症と呼ばれます。アルツハイマー病とは違った病態です。パーキンソン症状がなぜ、でやすいか?というと、解剖学的な理由からです。ラクナ梗塞の責任血管である穿通枝は大脳基底核、内包、視床などに血液を供給しているのですが、大脳基底核(線状体、レンズ核)、視床には錐体外路という運動調節系の神経の道が通っていて、ここにダメージを被るとパーキンソン症状がでます。変性疾患でパーキンソン症状がでたら「パーキンソン病」、今回、ご案内しているようなかたちでパーキンソン症状がでたら「パーキンソン症候群」です。


予防法) とくに高血圧症の患者さんに多いと言われていますので、【高血圧にならないようにする/なってしまったら降圧剤できちんと管理する】ことです。



蛇足、脳梗塞の4タイプ

脳梗塞は4つのタイプがあるとされています。列挙してみますね。
■ ラクナ梗塞 今回ブログ記事 ( #1
■ 脳血栓 2014-10-10ブログ記事 ( #2
■ 脳塞栓 不整脈と関係する脳梗塞 ( #3
■ 分水嶺型脳梗塞 ( #4


図を解説します。血栓の供給源が遠隔器官にある場合です。遠くで作られた血栓が次々に内頸動脈に流れ込むことで( #3 )もっとも広い範囲の梗塞を完成させます。これが脳塞栓。不整脈と関係しています。近々、ブログ記事にしたいと考えています。
次に分水嶺型。2本の血管が持つ責任分担範囲の境目( #4 )でおこる脳梗塞です。境目の領域はモトから血液の供給が手薄な場所です。野球に例えると、2人の外野手がフライを譲り合って、その間に落ちるポテンヒットみたいな脳梗塞。血圧が下がり過ぎた時などに、どちらの血管からも血液の供給が滞って発症すると考えられています。


(記載、管理医師;佐々木)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人社団ささきクリニック | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒660-0827
兵庫県尼崎市西大物町12-41
アマゴッタ4階医療センター

お問い合わせ 詳しくはこちら