ホーム > 治験とは

治験について

治験の目的

治験の目的

治験とは「治療試験」のことで、現在開発中の新しい「お薬」の効果と安全性を明らかにするため、実際に該当する疾病を治療中の患者さまにボランティアとしてご参加いただくものです。この臨床試験においては第1相試験から第3相試験までの試験があり、当院で行う治験は最終段階(発売直前)である第3相試験の治験をメインに行っております。つまり、第1相試験および第2相試験ですでに一定の安全性と効き目は確認された後の試験ですから、副作用のリスクはきわめて低いといえます。
第3相試験はできるだけ多くの患者さま・被験者様にご協力いただき、広く安全性・効き目・使い方について最終確認をするための試験です。
この臨床試験をクリアしたお薬は厚生労働省に承認され、全国の調剤薬局に置かれるようになります。

さらに当院は治験を行うための施設基準を満たしているだけでなく、治験のための専用スペースをご用意し、患者さま・被験者様のプライバシーに配慮しております。

対象になる人

治験には、残念ながら誰でも参加できるわけではありません。以下のような条件があります。

● 治験薬が対象とする病気にかかっている患者であること。
● 治験ごとに設定された条件を満たしている人。
● 治験参加前の検査・診察で問題が見られないこと。
● その他、総合的に判断して、安全性に問題が見られないこと。

治験に参加するメリット

当院で治験を行う「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」といった病気は、今すぐに命にかかわるものではありません。しかし、長年にわたってお薬を服用しつづけなければならないことが多く、出費も軽視できるものではありません。それでいて、長期間治療しても数値が良くならないという患者さまもおられます。

こうした場合に、治験に参加して、患者様のご負担なしで新薬を試していただくことは大きなメリットとなるのではないでしょうか。
ほかにもA、Bという2つの薬を服用されている方がいたとして、この2つを合わせた効果を持つ新薬が出るということもあります。するとお薬の数が減って、服薬の手間が楽になるということもありえます。
また以下のメリットも考えられます。

● これまでより向上した新しい治療を、より早く受けることができます。
● 製薬会社より協力費(負担軽減金)が支払われることが多く、患者さまの投薬治療に対する出費を大きく抑えられる可能性があります。
● 充実した設備と豊富な経験を持つ医師が、丁寧かつ詳細に診察を行います。
同じ病気や症状に悩む全国の患者さまのため、厚生労働省が新薬を承認するための貢献をすることができます。

治験に参加するデメリット

● 通常の通院に比べて詳細に検査するため、診察時間が長くなり、通院回数も増えます。
治験内容によってはアルコール制限や食事内容の制限をお願いすることがあるなど、服用中の体調について報告していただく必要があることもあります。
厚生労働省承認前の新薬ですから、副作用の可能性を完全に否定することは困難です。

治験の流れ

治験の流れ

1,通常の診察・検査
当然ですが、治験はその対象とする病気に該当していなければなりません。まずは通常と同じ診察や検査を受けていただきます。

2,治験への参加・説明
当院より「現在、こういう治験があります」とお知らせすることもありますし、また患者さまよりご提案いただく場合もあります。治験参加の意志を表明していただければ、治験の詳しい内容をご説明いたします。

3,治験のコーディネート
専門の治験コーディネーターによるヒアリング、またスケジュールの確認などを行います。

4,治験実施
内容は治験ごとに条件が異なります。詳しくはお問い合わせください。

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒660-0827
兵庫県尼崎市西大物町12-41
アマゴッタ4階医療センター

お問い合わせ 詳しくはこちら