ホーム > 高血圧

高血圧の方への治験

高血圧が危険な理由

高血圧が危険な理由

私たちが日々とっている食事は、栄養となって血液を流れて体内に送られていきます。心臓は全身のすみずみに血液を行き渡らせるポンプの役割を負いますが、全身の毛細血管で異常な反応を起こすようになると、心臓はより強い圧力で血液を押し出さなくてはなりません。

この数値が「140/90」以上と判定されると、高血圧症とされます。
高血圧になっただけでは自覚症状がほとんどありません。頭痛、めまい、肩こり、むくみ、動悸などの症状が起こることがありますが、「高血圧による症状」とは気付かない場合がほとんどです。
しかし、こういった症状を放置していると、次第に心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まっていきます。なぜなら、硬くなった血管は傷付きやすいためです。

血管の傷口にコレステロールなどの脂質がもぐりこむと、動脈硬化を起こします。そしてさらに強い圧力がかかり、動脈硬化が破裂するとそこを修復しようとして血小板が集まり、結果的にはその血管をふさいでしまいます。たとえばそれが手足であれば、詰まった場所から先に痺れが出るようになります。

動脈硬化の起こる部位によって起こる重篤な障害
・・・・・・脳梗塞、脳出血
心臓・・・・・・心筋梗塞、狭心症
腎臓・・・・・・腎不全、腎硬化症

ほかにも、血管に強い圧力を加えるために心臓にも大きな負担がかかり、心肥大などの症状が出てきます。そのため、高血圧はサイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれます。じわじわと静かに進行していって、ある日突然人を死に至らしめるという恐ろしさがあるためです。

高血圧を起こす原因

高血圧は何かひとつの理由というよりも、ほとんどは「本能性高血圧症」といって、さまざまな要因が重なることで引き起こされます。日本人の高血圧症では8~9割がこのタイプです。
そのため薬物療法だけでなく、食事療法や運動療法などを組み合わせて、時間をかけて治療していく必要があります。

■高血圧の原因として考えられる要因
生活習慣
遺伝
加齢による血管の老化
過労・ストレス
肥満

少数ですが、腎性高血圧症や内分泌性高血圧症、また薬の副作用など、高血圧の原因として特定できるものもあります。これは「二次性高血圧症」と呼ばれます。
この場合、原因を取りのぞく処置を行うことで、血圧を下げることが可能です。

高血圧の治療

高血圧の治療

高血圧の治療は大きく分けて、「薬物療法」と「非薬物療法」の2つがあります。薬物療法とはその名の通り、降圧薬によって血圧を適正値まで下げようとするものです。

これに対して非薬物療法とは、食事療法や運動療法を総合したもので、生活習慣全体を見直していきます。
代表的なものには以下があります。

塩分制限
アルコール制限
肥満防止
ストレス解消
禁煙
規則正しい生活・充分な睡眠
適度で継続的な運動

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒660-0827
兵庫県尼崎市西大物町12-41
アマゴッタ4階医療センター

お問い合わせ 詳しくはこちら