ホーム > 高脂血症

高脂血症の方への治験

増加傾向にある高脂血症

高脂血症とは、血液の中にコレステロール、中性脂肪が増えている状態をいいます。これらは元々エネルギー源であったり、必要な組織を作る助けとなったりするものですが、過剰に増えてしまうと重篤な病気や障害を引き起こしてしまいます。
高脂血症による合併症として最も重大なものは動脈硬化です。また中性脂肪が高いことによる脂肪肝もあります。

■原因としては以下が考えられます。
運動不足
食べ過ぎ(全体的な食べ過ぎは中性脂肪増加の原因となり、コレステロールの過剰摂取 はコレステロール増加の原因となります)
アルコールの過剰摂取(中性脂肪)
遺伝的要因

日本では近年増加傾向にあるのですが、高血圧や糖尿病と同じく自覚症状に乏しいため、注意が必要です。
また糖尿病にかかっている方で中性脂肪の増加が見られる場合や、喫煙習慣のある方は、動脈硬化を予防する善玉コレステロールの働きが低下する傾向があります。

高脂血症の治療

高脂血症もまた薬物・食事・運動の各療法を併用しますが、特に重要なのが食事療法です。
コレステロールあるいは中性脂肪のどちらの数値が高いのか、また合併症は既に発症しているかなどによって変わってくる部分はありますが、基本的な考えは以下のようになります。

食べ過ぎない(1日の摂取量を標準体重に準じた適正なカロリーに保つ)
コレステロールの多い食品(肉の脂身、乳製品、チョコレートなど)を避ける
中性脂肪を高める可能性があるのでアルコールやジュースは控える
コレステロールを下げる食品(オリーブオイル、魚類など)を食べる
食物繊維の多い食品(野菜、豆類、海草、きのこなど)を食べる
コレステロールの酸化を防ぐビタミンを多く含んだ食品を食べる

運動療法については、急に激しい運動をするのではなく、「早歩き」「水中歩行」「ゆったりしたサイクリング」「ストレッチ体操」といった有酸素運動を長期間行うようにしましょう。
1回につき1時間弱行って「ややきつい」と感じるくらいの運動を、週に3~4回行うのが目安です。

薬物療法は食事療法・運動療法を続けてみて、その治療効果が充分でないと判断されたときに用います。
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒660-0827
兵庫県尼崎市西大物町12-41
アマゴッタ4階医療センター

お問い合わせ 詳しくはこちら